ピソリーノのピッツァは、こうして生まれた。

ナポリで修行

ナポリで修行

ナポリ屈指の達人「ガエターノ師」のもとで修行したピッツァイオーロ(ピッツァ職人)。生地と対話し、炎を見極め、パーラ(ピッツァを焼くためのヘラ)を巧みに操り、わずか1分でピッツァを焼き上げる職人技。本物のナポリピッツァを再現するためには、ナポリでの修行が必要でした。

窯のこだわり

窯のこだわり

巨大で美しい石窯は蓄熱効果が高く、窯内温度は400℃以上の超高温となります。
本物のピッツァを焼くためには、不可欠でした。



薪で焼く

薪で焼く

窯の炎を浴びて、わずか1分で焼き上げられます。ほのかな風味を醸しながら、ピッツァの香りを決して損ねないことが大事。



その場で延ばす

その場で延ばす

生地は、麺棒や機械を使って伸ばしてはいけません。その場で、手のみを使って伸ばしてこそ、発行によって生地内にできた、無数の気泡を外側へきれいに移動させることができ、その賜物として、ナポリピッツァ独特の特徴である額縁(周りのぷっくり膨らんだ部分)ができるのです。

  • ピッツァ
  • パスタ

ナポリピッツァの特徴は、その生地にあります。パリパリ冷凍生地に、どっさりチーズ、具だくさんのアメリカタイプとは違い、生地本来の味を堪能するため、極めてシンプル。そのモチモチっとした食感は、まさに感激の美味しさです。

ナポリピッツァのおいしい食べ方

「焼」は常に真剣勝負です。

生地はデリケートなものですから、湿度や温度に気を使いながら、発酵のすすみ具合を見極めます。焼きの段階は、火のコントロールが重要。温度が一旦下がってしまったら、取り返しがつきません。また、スピーディに均一に焼かないと、あっという間に黒焦げになっちゃうんです。こうして焼きあがったナポリピッツァを食べて、美味しいと思ってくれることが、一番幸せです。

メール会員簡単登録! PISOLINO CLUB"